HOME |  ログイン | 
 

MARK FRY Live in Japan 2013



公演は無事終了しました
多数のご来場、誠にありがとうございます。
ライヴ音源のリリース情報を後ほどご案内いたします。
マーク・フライ来日公演の記念グッズは、
こちらからお求めになれます。→click here! 



MARK FRY LIVE IN JAPAN 2013
 
アシッド・フォーク界のカリスマ、マーク・フライ奇跡の初来日公演!!!
 
Captain Trip Records presents
“マーク・フライ  ワンマン・ショウ”
  
APRIL 19th(Fri) & 20th(Sat)
at MANDA-LA2, Kichijoji, Tokyo
Adv: 4,500yen +1D/ Door: 5,000yen + 1D
Open:19:30/ Start:20:00

両日とも2セットに及ぶゆったりとしたステージをお楽しみいただけます。
(椅子席もご用意しておりまが、数に限りがございますので、
 ご希望の方はお早めの整理番号でのご入場をお勧めいたします。)
※限定100名様のライヴですので、定員になり次第締め切らせていただきます。

前売チケット 弊社HPにて通信販売中&予約受付!!!


★ご購入の方★

MARK FRY LIVE IN JAPAN 2013 CONCERT TICKET
上記の画像(リンク)をクリックの上、弊社通販にてお求めください。

* マーク・フライの来日を記念して、Tシャツ、ポストカードを製作&販売しております。
 また、直輸入盤のCDやアナログ盤、画集も直輸入しお取り扱い中です。
 こちらの商品も上記のリンクからお求めになれますので、ぜひどうぞ!


★ご予約の方★
件名を「マークフライ予約」としていただきまして、下記の内容をご記入の上、
info@captaintrip.co.jp まで、メールにてお申し込みくださいませ。


【お名前】
【メールアドレス】
【お電話番号】
【枚数】
【公演日】(4/19か4/20いずれか)

*両日ともご予約をご希望される場合は、メール2通にてお申し込みください。
*当社からのチケット予約整理番号の送信を持って、ご予約が完了します。
(メールの送信だけでは、ご予約は成立しておりませんのでご注意ください。)
*限定100名様の公演となりますので、万が一ご事情によりご予約をキャンセルされる場合は、
 お手数ですが、必ずメールにてご一報くださいますようお願い申し上げます。
(1名様でも多くのにライヴを楽しんでいただきたく思いますので、ご協力お願いいたします。)


★マークフライ・ワンマンショウ第二部では、以下のミュージシャンが参加し、
 バンド形式の演奏で、マーク・フライの名曲の数々を再演することになりました。
 
ヨシノ・トランス:シタール
飯島明美:フルート
安島雅之:ギター
ルイス稲毛:ベース
荒川太郎:パーカッション


<お問い合わせ>
info@captaintrip.co.jp

<吉祥寺 MANDA-LA2>
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町 2-8-6 第18通南ビル地下
TEL/FAX:0422-42-1579



Captain Trip Records & U.F.O.CLUB presents
“マーク・フライ初来日記念スペシャル・ライブ”

APRIL 21st(Sun) at U.F.O.CLUB, Higashi-Koenji, Tokyo

Adv: 3,000yen +1D/ Door: 3,500yen + 1D
Open:18:30/ Start:19:00

<出演>
・マーク・フライ(from UK)
・割礼
・朝生愛グループ

※前売りチケットは3/9(土)16:00より、U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて電話予約開始!!!

<お問い合わせ>
東高円寺 U.F.O.CLUB
http://www.ufoclub.jp/
〒166-0003
東京東京都杉並区高円寺南 1-11-6 ハーモニーヒルズB1F
TEL/FAX 03-5306-0240

MARK FRY (マーク・フライ)

1952年、英国エセックス州にて画家である父親のもとに生まれる。 
 
1970年に絵画の勉強のためイタリアへ渡り、そこで音楽活動も始める。
音楽プロデューサー、ヴィンチェンチオ・ミコッチの目にとまり、
1972年、RCA傘下のレーベル ITより『Dreaming With Alice』でデビュー。
そのサイケデリックで幽玄なサウンドは一部で熱狂的に支持されるが、マークは放浪の旅へ出てしまう。
一時的に英国に戻るも、産業主義的音楽業界に馴染めず、世界各地を放浪する生活を過ごす。

1980年代に入ると、次第に絵画の創作を中心とした生活を送るようになり、
90年代には画家として高い評価を受けることとなった。

時代は移り変わり、ファースト・アルバム 『Dreaming With Alice』 の再評価・再発が相次ぎ、
幻の天才シンガー・ソング・ライターと評されるようになる。
そんな折、2008年に36年ぶりのセカンド・アルバム『Shooting The Moon』を発表しファンを驚かせた。
さらに、2011年には大傑作アルバムと評される 『I Live In Trees』 を発表。

デリケートで幻想的な独自のサウンドで、
往年のファンはもとより若いリスナーをも魅了し、精力的な音楽活動を続けている。



戻る
 | HOME  | 個人情報保護方針  | 特定商取引法に基づく表記  | サイトマップ |