HOME |  ログイン | 
 
ライラック・エンジェルズ/ハード・トゥ・ビー・フリー

ライラック・エンジェルズ/ハード・トゥ・ビー・フリー

2,800円

CTCD-646 2009.5.30 Release
 × 

新ギタリストにボド・シュタイガー(ラインゴルト)を迎えて製作されたセカンド・アルバム。オリジナルLPは大手EMI-ELECTROLA/HARVESから1978年にリリースされた。
プロデューサー:コニー・プランク。 ボーナス・トラックにシングル曲"Come On!"を追加収録し、世界初CD化!
オリジナルLPを可能な限り忠実に再現した特製紙ジャケット仕様、フルカラー内袋付き。
解説:東瀬戸悟

<1978年作品>
1. Rock & Roll Lady
2. She's My Girl
3. Let You Down
4. Hard To Be Free
5. Sitting In The Corner
6. Ah Ha Ha
7. Queen Jane
8. (We Say)Bye Bye
>Bonus Track<
9. Come On!


>ライラック・エンジェルズとは<
1970年代初頭、ギタリストのジョー・スティックを中心にドイツのデュッセルドルフで結成されたロック・バンド。ジョーの旧友、クラウス・ディンガー(ex. ノイ!、ラ・ドュッセルドルフ、ラ!ノイ?)に見いだされ、ディンガーのプロデュースによりファースト・アルバム『 アイム・ノット・アフレイド・トゥ・セイ・イエス!』が1973年に製作された。そして同年にはプロモーションのために大規模な野外フェスティバルが行われ、ノイ!と共にステージで演奏が行われた。

その後、ボド・シュタイガー(ラインゴルト)らを迎え、1978年にコニー・プランク・プロデュースで製作されたセカンド・アルバム『ハード・トゥ・ビー・フリー』(EMI-ELECTROLA/HARVESからのリリース)が大成功し、全欧ツアーも行われた。1981年にはCANスタジオの協力でサード・アルバム『L.A.III』が製作されたものの、残念ながらリリースされることはなく、バンド活動にもピリオドが打たれた。

彼らのバンド名「ライラック・エンジェルズ」がノイ!の曲 "Lila Engel" にインスパイアされて名付けられた事が意味する通り、彼らのサウンドは、ノイ!が内包していた重要なエレメントであるロック&ロールのテイストと独自のビートを昇華させたパワフルなプレイが特色であり、これはクラウス・ディンガーが目指したスタイルをそのまま形にしたものである。そのため一部では「もう一つの姿のノイ!」と評されている。彼らはまさしくクラウト・ロックとスリー・コード・マジックのミッシングリンク的な存在である。またジャーマン・ロックのゴッドファーザー、故コニー・プランクやノイ!、CAN関連の人脈と関わりがあったことからも、彼らが当時の実力派ミュージシャンたちから注目されていたことが伺い知れるだろう。

 | HOME  | 個人情報保護方針  | 特定商取引法に基づく表記  | サイトマップ |